尿に糖が出なければ血糖値は高くない?

糖尿病は「尿に糖が混じる病気」なんだから、尿糖が出なければ安心と思ったら大間違いですよ。

血糖値サプリメントの効果を活かす血糖値を下げる知識と実践法
トップページ血糖値を下げる基本 > 血糖値と尿糖の関係 尿に糖が出なければ血糖値は高くない?

糖尿病は尿に糖が出る病気で尿糖が出なきゃ安心?

糖尿病という名前の漢字が示すように、糖尿病が「尿に糖が出る病気」と考えてる人もいるようです。しかし、必ずしも糖尿病だからと言って毎回尿糖が出るとは限りません。

逆に、尿糖が出ているからと言って糖尿病と診断される訳でもありません。

尿検査キット 写真

尿糖検査は糖尿病の一般的な検査の一つで、診断の参考値のひとつです。糖尿病という名前ではありますが、血糖値がメインの判定基準になります。

まず、尿に糖が混ざる原理を理解しましょう。

スポンサーリンク

 

尿糖とは 尿糖が出る仕組み

まず尿糖とは、血中のブドウ糖が尿中に漏れ出たものです。

本来、糖は体に必要な成分ですから、健康な人の場合99%は腎臓の尿細管で再吸収されて血液に戻りますから、尿に漏れ出ることはありません。

尿に糖が混ざってしまう原因は次の2点です。

  • 血糖値が高い人
  • 尿細管のブドウ糖再吸収能力の異常

後者の場合、腎性糖尿という症状で病気ではありません。生まれつきブドウ糖再吸収能力が弱いだけで、通常は自覚症状も何もないので心配する必要はありません。

問題は前者の血糖値が高い人です。

尿細管のパワーにも限界があって、血糖値が高すぎれば再吸収しきれずに尿に糖が混ざってしまうという原理です。そのボーダーラインの血糖値が160~180mg/dLと言われています。

この数値を腎閾値(じんいきち)と呼びます。

腎閾値は個人差があって、概ね160~180mg/dLですがストレス・妊娠などで低下することもあります。この腎閾値以下の血糖値であれば尿糖はほとんど検出されません。

糖尿病でも尿糖が出ないケース

糖尿病の診断基準の一つに、空腹時の血糖値があります。

血液検査 写真

その数値は126mg/dLですから、上記の腎閾値170mg/dLよりもかなり低いです。

つまり、血糖値が126mg/dL以上でも170mg/dLを超えないと尿に糖は混ざりませんので、尿糖が検出されないからと言って糖尿病じゃないとは言えないわけです。

ですから、糖尿病か否かの判断基準として尿糖の値は向きませんが、血糖値が高い人、糖尿病と診断されている人にとっては、尿糖のチェックは採血の必要が無く痛みもないので気軽に測定できるというメリットは大きいです。

尿糖が出ないからと言って安心せず、血糖値が高い場合は生活習慣の改善を始めましょう。

関連ページ

スポンサーリンク

このページを読んだ人はこんなページも見ています▼

  • 血糖値サプリメントの効果を活かす血糖値を下げる知識と実践法
    血糖値を下げるのにサプリメントを飲むのは良いですが、その前に「自分の体のなにが悪くて血糖値が上がってしまったのか」「今どういう状態なのか」「サプリ飲んでるだけで解決するのか」を知らないと危ないですよ!...
  • アラプラス糖ダウンはどんな効果で血糖値を下げるのか?
    アラプラス糖ダウンは、郷ひろみさん出演のCMでもお馴染みの機能性表示食品です。特徴はサプリの名前にあるアラ(=ALA)です。このアラとは5-アミノレブリン酸リン酸塩という名前のアミノ酸のことで、細胞レベルで糖の代謝能力を向上させる成分です。...
  • ルックルックイヌリンプラスの効果と血糖値へのアプローチ
    ルックルックイヌリンプラスは、3方向から血糖値にアプローチする血糖値対策サプリメントです。その期待できる効果と成分について解説します。イヌリン、ナットウキナーゼ、イソアリイン、サラシア、桑葉など有効成分がたっぷり!...

血糖値サプリ 人気ランキング

最新コンテンツ

人気記事コンテンツ

メニュー
インフォメーション
にほんブログ村 健康ブログ 血糖・血糖値へ にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ